初日(仮免) 8月5日(木) 10:00〜11:15AM

いよいよインド運転免許証獲得に向かって始動!
今日は仮免取得のため、試験場のRTOオフィスに行く日です。
私が入学したドライビングスクールは木曜日と土曜日に
生徒を連れて仮免テストに行くということで、前日の水曜に
入学金を払い手続きを済ませました。

さて約束の10時にドライビングスクールに到着。
既に狭い教室にはいっぱいの人が座っていて、道路標識や
ハンドサインの講習を受けていました。
私はなぜか一番前の席に座らされ、いきなり指名。
ハンドサイン(ストップ、徐行など)をやらされ、標識の
意味を言わされました。この標識、いきなりだったので
難しい。馬車/牛車禁止とかまであって面白かったけど
予習していなかったので焦りました。
あとは事故を起こしたときの対処の仕方、車に乗るとき
携帯する書類などを確認して講習終了。ちなみに使用言語は
英語、カンナダ語、ヒンディー語とさまざま。
みんな一番使いやすい言葉でやっているようです。さすがインド。

↓私が通ったドライビングスクール

その後ドライビングスクールの車でRTOオフィスに向かいました。
途中、同じドライビングスクールの車がガス欠になり止まってしまい
「このスクールで大丈夫か?」というかすかな不安が頭をよぎりましたが
まあインドでそんなこと気にしていたらどこにも行けません。

↓RTOオフィス

さてRTOオフィスに着いた私たち女性陣(モデル風のティーンエイジャーギャルと
娘同伴の主婦A、旦那さん同伴の主婦Bと私)はビルの3階へ。
誰が案内してくれるわけでなく、サインボードがあるわけでもなく
さすがインドという感じでしたが、途中でドライビングスクールの
おじさんが現れ「あっち」「こっち」と指示を出してくれました。

まず名前を登録して、その後テストです。
私が聞かれたのは「ストップ」「左折」のハンドサイン、「追い越し」と
「追い越し禁止」の標識の意味だけで、「え??これだけ?」という感じで
あっけなく仮免テスト終了。
楽勝!と思って外に出ると、くら〜い顔の主婦Aが立っていました。
彼女不合格だったそうです。どうしてあんな簡単なのに駄目だったんだろう?
と思いましたが、聞くとこれで3度目の不合格だとか。。。
帰りはモデル風ギャルと一緒にオートリキシャで戻り、本日の予定は
終了。

インドでは「レディースファースト」精神が根付いているので、なが〜い
男性陣の列に並ぶこともなく、とてもスムーズでした。
いよいよ来週からは実地です。
運転のセンスはゼロだと風船くんにも太鼓判を押されている私ですが
さてどうなることでしょう?

練習1日目〜6日目

 

Home