風船くんと日本食




風船くんの日本滞在も3回目、合わせて
5ヶ月以上ともなると、日本食もかなり食べられるようになりました。
最初の来日では全然駄目だった「味噌汁」もクリア。食べられないものは
「そば/うどん」「うなぎ」「納豆」くらいにまで成長(?)しました。

2回目の滞在で、風船くんがすっかりはまってしまったのは「お弁当」。
3ヶ月の滞在後、もうすぐインドに戻るというある日、父が風船くんを
パークゴルフに誘いました。仲間と一緒のパークゴルフ、昼食は
仕出屋の幕の内弁当です。
日本の味付けが駄目なことを知っている父は風船くんに
「無理して食べなくていいからね。弁当は残して家に持って帰って
風船くんは家で何か別のものを食べなさい」と言って出かけました。
ところが風船くん全部残さずお弁当を食べて帰ってきたのです。
これには私の両親もびっくり。
お弁当の中身は100%和食。煮物なんて今まで全然食べられなかったのに
思い切って食べてみたらおいしかったんだそうです。
それなら最初から食べてくれれば良かったんですが、
何かきっかけが必要だったんでしょうね。
その後、帰国までの数日間せっせとお弁当屋に通い、幕の内弁当を
食べ続けました。
もちろん母の作るおかずもOK。風船くん用に特別別の献立を考えなくても
良くなり大助かりでした。

風船くん、これからも日本に行ったときは一緒に和食を食べようね!
						(2001年11月)

Top Back Next Home

Copyright(C) 2002. tomato. All Rights reserved.